スタンフォード式最高の睡眠

スタンフォード式最高の睡眠では、睡眠負債(睡眠不足)に対する恐怖について述べてたり、睡眠は長ければ長いほどいいわけではなく、睡眠の質が重要になることが書いてました! 睡眠の質を上げるためには『黄金の90分』が大事とのこと! 『黄金の90分』に必要不可欠な要素として【体温と脳】です! 体温について説明すると、 【睡眠の質を高める2つの体温】 深部体温=身体の内部の温度 皮膚体温=身体の表面の温度 この2つがあります。 ポイントは深部体温は上がった分だけ下がろうとするということです。 ベッドに入って目をつむってもなかなか寝付けないという人も多いと思いますが、これをスムーズにスッと眠れるようにするには、この2つの体温調整が鍵となります。 深部体温と皮膚体温の差が縮まると眠りにつきやすくなるんですね。 なので、入浴で深部体温をグッと上げて、風呂上がりに深部体温が皮膚体温と同じくらい下がるタイミングでベッドインすると、スッと寝れるというわけです。 そして、そのタイミングが入浴後90分です。 深部体温が0.5℃上がって、元に戻ろうとするには90分かかると言われてます。 つまり、就寝時間の90分前には入浴を済ませておくべきですね。 ちなみに、足湯でも十分効果があるとのことです。 脳については、寝る前には脳を使うなです! 質の良い睡眠を取るためにも寝る前は、作業、仕事、考え事、光など交感神経を刺激することは避けましょう!交感神経を刺激する事で、眠気を妨げる効果があります! 最後に、 睡眠の質に置いて鍵を握るのが”最初のノンレム睡眠”だと言います。 この”最初のノンレム睡眠”時に、成長ホルモンの80%近くを確保できたり、自律神経が整い、その後のレム睡眠も整うというんです! そのためにも黄金の90分をしっかりつかみましょう!! 睡眠についてしっかり学び、免疫力を高めていきましょう!!

スタンフォード式最高の睡眠では、睡眠負債(睡眠不足)に対する恐怖について述べてたり、睡眠は長ければ長いほどいいわけではなく、睡眠の質が重要になることが書いてました!
睡眠の質を上げるためには『黄金の90分』が大事とのこと! 『黄金の90分』に必要不可欠な要素として【体温と脳】です!

体温について説明すると、
【睡眠の質を高める2つの体温】
深部体温=身体の内部の温度
皮膚体温=身体の表面の温度
この2つがあります。
ポイントは深部体温は上がった分だけ下がろうとするということです。

ベッドに入って目をつむってもなかなか寝付けないという人も多いと思いますが、これをスムーズにスッと眠れるようにするには、この2つの体温調整が鍵となります。

深部体温と皮膚体温の差が縮まると眠りにつきやすくなるんですね。
なので、入浴で深部体温をグッと上げて、風呂上がりに深部体温が皮膚体温と同じくらい下がるタイミングでベッドインすると、スッと寝れるというわけです。

そして、そのタイミングが入浴後90分です。

深部体温が0.5℃上がって、元に戻ろうとするには90分かかると言われてます。

つまり、就寝時間の90分前には入浴を済ませておくべきですね。
ちなみに、足湯でも十分効果があるとのことです。

脳については、寝る前には脳を使うなです!
質の良い睡眠を取るためにも寝る前は、作業、仕事、考え事、光など交感神経を刺激することは避けましょう!交感神経を刺激する事で、眠気を妨げる効果があります!

最後に、
睡眠の質に置いて鍵を握るのが”最初のノンレム睡眠”だと言います。
この”最初のノンレム睡眠”時に、成長ホルモンの80%近くを確保できたり、自律神経が整い、その後のレム睡眠も整うというんです!
そのためにも黄金の90分をしっかりつかみましょう!!
睡眠についてしっかり学び、免疫力を高めていきましょう!!