『LIFESPAN 老いなき世界』

こんにちは☀️

今日は、みなさんに役に立つ情報として、『LIFESPAN 老いなき世界』という本について紹介したいと思います📚

著者はハーバード大学遺伝学教授、Dayid A.Sinclairさん。TIME誌の世界に最も影響力がある100人にも選ばれてます。

みなさん老いなき世界というと言葉を聞くと、SFの中の話のようにエセ科学のように受け取る人もいるかと思いますが、この本で書かれていることは、列記とした理論とエビデンスで基づいて実証が進んでいる内容で、今現実で起こってる出来事です!

今回紹介する事で、LIFESPANの内容を次の4つのポイントにまとめて紹介します!

1.生命が老いるメカニズム

2.老化は治療できる病である

3.老いないために今すぐ出来ること

4.「老なき世界」の人生戦略

1.生命が老いるメカニズム

老化を単純に言えば、情報の喪失です。

身体の中には、2種類の情報があり、1つはDNAでもう1つはエピゲノムです!

DNAはアデニン(A)グアニン(G)シトシン(C)チミン(T)というたった4種類の組み合わせで表現されるデジタルな情報と言えます!デジタル方式なので、DVDやコンピューターのUSBメモリーのように同じように、同じ内容を正確に繰り返し複製できるという特徴があります。

その一方、エピゲノムの方はアナログ情報です。私たちの身体の細胞には全て同じDNAが含まれているにも関わらず、神経細胞になったり皮膚細胞になったりするのはエピゲノムが、遺伝子のスイッチを切り替えているからです!

人の新生児は、たった1個の受精卵から始まり何百種類のもの異なった役割をもつ細胞へと分かれていきますが、そのプロセスを調整しているのがエピゲノムです!エピゲノムは分裂するそれぞれの細胞に対してどのような種類の細胞になればいいかを教えているのです!エピゲノムはそれぞれの細胞の性質を決定しますが、DNAと違ってアナログな情報なので時間と共に劣化していきます!DVDの場合には完全なコピーが複製できますが、ビデオテープではコピーをするたびに画質が落ちていくのと同じです!

エピゲノムの情報が劣化していくと生まれ変わる細胞の品質も下がっていき、組織や臓器はだんだんと上手く機能しなくなっていきます!筋力は低下し、目は濁り、骨の密度は薄くなり、脳の働きも鈍くなっていきます!

このエピゲノムの劣化こそが生命の老いるメカニズムなのです!

2.老化は治療できる病である

老化の正体が科学的に解明されるにつれて明らかになってきた事があります!それは老化というのは原因がある、ありふれた病気であり、病気である以上は治療が可能である、ということです。

癌や心臓病、アルツハイマー病はそれぞれ個別の病気だと考えられてきましたが、実はそれら自体は病気ではなく、老化によって起こる症状の一つに過ぎない、と言うことが分かってきました!つまり根本の原因である老化を治療さえすれば、そこから引き起こされる全ての症状は発生しなくなる。という事です!

人が持つ情報には、DNAとエピゲノムがありますが、デジタル情報であるDNAは何万年前のネアンデルタール人のDNAが、再現可能な状態で保存されている事から分かるように、とても壊れにくい頑丈なものです!時ともに劣化するのは、アナログ情報であるエピゲノムの方で、例え老化が進んでも情報の大元であるDNAはほとんど影響を受けません。例えるならDVDの表面に傷が付いたもので、プレイヤーで再生をする時にエラーになる可能性は高くなっていますが、記録されているデータ自体はそのまま残されています!これを再び、正しく再生できるようにするにはDVDの表面を磨いて傷を修復すればいいのです!

老化は、一般的には自然現象であり避けることができないものだと考えてきました。しかし老化は治療が可能な病気であり、今後の技術の進歩によって治すことができるようになります。そうなった時、人間の健康についての私たちの考え方は根本から大きく変わることになるでしょう!

3.老いないために今すぐ出来ること

老化を防ぐために今すぐ出来ることは実はたくさんあります。基本的な方針は、エピゲノムに適度なストレスを与えて活性化する。というもので、例えば次のような事柄です。

・カロリー制限をする

・間欠的に断食をする

・アミノ酸を制限する

・汗をかく

・寒さに身をさらす

これらはいずれも身体を適度に追い込む事でエピゲノムが活性化される事が期待されるものです。現状では、まだはっきりとした科学的なデータは出ていないことも多いですが、ただ一つカロリー制限については、長年にわたるアカゲザルを対象にした研究からその効果があきらかになってます。

栄養失調になる程の制限をかけることは当然体にとって良くありませんが、ダメージを受けすぎない程度に負荷をかける事で老化を防ぐことができるのです!

その基準でいうと、一般な私たちの食生活では、食べ過ぎということになります!1日1食か2食でカロリーはより少なく、そして肉や魚、卵、乳製品のような動物性のタンパク質を避けて豆類や野菜から植物性のタンパク質を取ること。そういった食生活が老化の防止に効果的である事がすでに科学的にも実証された内容になっています!

また身体に負荷をかけるという方法をとらずに摂取するだけで老化を防ぐ働きをする薬も既にいくつかあきらかになってます。

・糖尿病の治療薬として使われている「メトホルミン」

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド通称「NMN」とういう化学物質

・赤ワインに含まれる抗酸化物質「レスベラトロール」

メトホルミンは、糖尿病の処方箋がなければ手に入れることはできませんがもし将来、老化が病気であると認可されれば誰もが処方受けるようにできます。そうなった時には人々の老化についての認識が一転する大きな転機になるはずです!

4.「老いなき世界」の人生戦略

今は120歳が寿命の上限とされていますが、いずれその上限は大きく伸びていく可能性があります。しかし、このような話に不安を感じる人も多いと思います。寿命が伸びても体が思うように動かない老後の期間が長くなるだけではないのか、高齢者が多くなった時に社会保障制度や医療制度は維持できるのか。著者がとく、老化の情報理論で重要な点は伸びるのは単なる寿命だけではなく、健康寿命も共に伸びていくという事です!老化はあらゆる病気の原因になるもののため、老化自体を遅らせることができれば、心臓疾患、癌、アルツハイマー病など、命に関わったり大きな後遺症を残したりする病気のリスクをまとめて低下させる事ができます!

多くの人が健康な状態で、100歳を迎えることができ、しかも現在の50歳並みの活動レベルを維持できます。人が100歳でも働き続ける事を選ぶことができれば、経済の在り方も根本から変わるでしょう!まさに社会全体を大きく動かすパラダイムシフトが訪れようとしてるのです。

という事で、今回は『LIFESPAN 老いなき世界』のポイントを紹介しました。この本で語られていることは、私達の常識や価値観を根本から書き換えてしまうほどのインパクトを持っていて、今私たちは老いなき世界への大きな時代の転換点を迎えようしているのだということよく分かります。

もし良ければこの本を読んで見てください📚

『トキワ整体院』

https://nseitai.com/ 【完全予約制】

【電話番号】080-9542-8357

【営業時間】9:00~21:00

【定休日】不定休

【住所】〒760-0054香川県高松市常磐町1-9-17